2007年07月29日

品物をいただいた時のお礼の書き方

品物をいただいた時のお礼の文章をいくつか紹介しましょう。

ポイントは、それをもらって、誰がどれだけ喜んだか・・・を伝わるようにするといいですね。

【お中元・お歳暮の場合】
「ここのお菓子は子供が大好きで、喜んでいただいております。」
※ 注意※
● 「毎年、楽しみにしております」・・・来年も欲しいと催促をする事になるので、×
● 「あっと言う間に食べてしまいました」・・・喜んで食べたことを表現したいのはわかりますが、
いただいた物が少なかった、とも取れますので、×

喜んだことだけを伝えればいいでしょう。

「ビールは夫が何よりも好物で、喜んでおります」
「こちらの地方では取れない珍味で、家族が喜んでいただいております」
「食欲のない季節ですが、いただいた物はのどごしもよくおいしく頂戴いたしました」
「この暑さで子供の食が進まず困っておりましたが、いただいたそうめんは、おいしかったようで、
ひざびさに「おかわり」の声を聞きました。子供が元気に食べる姿は、親にとってうれしいものですね。」

【お祝の品の場合】
「入学祝にいただいた時計は、本人もたいへん気に入っておりまして、さっそく毎日つけております」
「手編みのブーケと靴下が暖かそうで、本当にありがとうございます。初めての子育てで今年の冬は
どうやって乗り越えればいいのか不安でしたが、いただいたブーケでくるんであげようと思っております。
子育ての大先輩の叔母様のお心のこもったお品で元気つけられる思いでございます。首がすわったら、
子供と一緒にごあいさつにうかがおうと思っております。」

【海外旅行のおみやげの場合】
「インドには、こんな珍しい物があるのですね。楽しそうな旅行の様子が目にうかびそうです。
さっそく部屋に飾って、異国情緒を味わっております。」

など、よろこんでいる気持ちを表現するといいでしょう。
参考になさってくださいね。

posted by 手紙 書き方 at 14:40| 手紙の書き方・お礼の書き方