2007年07月29日

お礼の手紙の書き方 マナー

最近はメールや携帯電話を使う機会が増えて、手紙を書くことが少なくなって
きましたね。
でも、お礼の手紙、おわびの手紙、招待状など、電話やメールですませるには、ちょっと・・・
ということも多いようです。

お礼の手紙など大切な手紙も、マナーを知らないと恥をかいてしまいます。

ここでは、お礼の手紙のマナーや基礎知識を紹介しましょう。

お礼の手紙のマナーで、難しいのは、手紙を出すタイミングでしょう。
お礼の手紙を出す時期・・・それは、一日延ばしにしないことです。
何か品物を送ってこられた場合は、先方は無事についたかどうかを心配されています。

あらたまって手紙を書こうと思うと、何から書いていいのやら迷ってしまい、時間が過ぎていってしまう、
という経験は誰にでもあるものですが、まずは無事に手元に着いたこと、いただいた感想などを書いて送るといいでしょう。

お礼の手紙を一日延ばしで遅らせると、お礼が遅くなったお詫びの文章も書かないといけなくなります。

お礼の手紙に、言いわけがいっぱい並んでしまう、ということにもなりかねません。
お礼の手紙には、感謝の気持ちをいっぱいに表したいですよね。

その方が、お礼の手紙をいただいた先方もうれしいのではないかと思います。

お礼の手紙は、一日も早く、お礼の気持ちを込めて書きましょう。

また、お礼の手紙に他の用件をいっぱい書くのは失礼だとされています。
何かのついでにお礼の手紙を書いたように見えてしまうからです。
もし、他の用件がある場合は、別に改めて手紙やメールを書くとして、
お礼の手紙はそれだけで書いておきましょう。

だからと言って、おおげさな表現は逆効果です。
家族の喜びの声や感じたことを書くと、気持ちが伝わりますよ。

posted by 手紙 書き方 at 14:31| 手紙の書き方・お礼の書き方