2007年09月28日

お礼の手紙の書き方・お悔やみの場合

お礼の手紙を書くときは、うれしいことやおめでたい事ばかりではありません。

不幸があって、お悔やみをいただいた時にも、後日、お礼の手紙を書くことになります。

そのタイミングや文面など、お悔やみの場合のお礼の手紙の書き方は難しいですね。

今日は、そんなお悔やみのお礼の手紙の書き方を紹介しましょう。

不幸があった時、当事者は葬儀や告別式、その後の手続きなどで取り込んでしまいます。

大事な家族を亡くした悲しみと、その後のいろいろな用事があって、ついお礼を言うのを忘れてしまう事があります。

葬儀など弔問に来られた方には、会葬御礼を渡します。
これは、取りこんでいて、個々にお礼を述べられないので、無礼な事があってはいけないので、とりあえず、お礼状を持って帰ってもらいます。

でも、生前、故人がお世話になった人には、落ち着いてからお礼の手紙を出しておきたいですね。

また、不幸の知らせを聞いて、後からご香典やお悔やみに来られるケースもあります。

そういった時にも、あらためてお礼の手紙を書くといいでしょう。

その時のマナーは、ハガキではなく封書にします。
柄の入った物や色付きの便せん、封筒は避けて、不幸が重なるといけないということで、二重の封筒は避けるようです。

お悔やみの場合のお礼の手紙の書き方は、
・生前のお世話のお礼
・残された者でがんばっていこうと思っているので、これからも変わらぬおつきあいをお願いします
・先方様もご自愛くださるように書く

・・・と、こういった流れがいいでしょう。

不幸を嘆くあまり、感傷的な内容は相手の気持ちが暗くなりますので、避けておきましょう。
posted by 手紙 書き方 at 15:42| 手紙の書き方・お礼の書き方

2007年09月21日

手紙の書き方を考える・お見舞いのお礼の手紙

手紙の書き方で悩むのはお礼の手紙の時です。

特にお世話になった時や、迷惑をかけた時のお礼の手紙の書き方は難しいですね。

今回はお見舞いのお礼の手紙の書き方を考えてみましょう。

お見舞いのお礼の手紙は、いつどのタイミングで出すのがいいのでしょうか。

相手は忙しい中をわざわざ見舞いに来てくれています。
病気やケガはあらかじめ予定がわかっている事は少なくって、多くは急に入院というケースが多いですね。

なので、お見舞いのお礼の手紙を書くときには、退院してからではなく、取り急ぎお礼の手紙を出しておくといいでしょう。
退院した時には、改めて快気祝いをしますが、まずは、わざわざお見舞いに来てくれたことに対してお礼の手紙を出しておきましょう。

お見舞いのお礼の手紙には、忙しい中、来てくれたことに対するお礼を書きます。
そして、その後の経過が順調であることを書くといいですね。
そして、何らかの迷惑をかけていることが多いので、その事をお詫びしましょう。

今は、頑張って療養していることを書けば、受け取った相手も安心されるのではないでしょうか。

お見舞いのお礼の手紙を書くときには、時候のあいさつなどは不要です。
取り急ぎ、症状が安定していることとお礼を伝えると相手は安心されるでしょう。

今は、病院の中の売店や病院の近くのコンビニなどでレターセットや切手を買うことができます。
病院の前にポストが置いていることも多いので、入院中に書いて出しておくといいでしょう。
posted by 手紙 書き方 at 21:23| 手紙の書き方・お礼の書き方

2007年09月14日

お世話になった時のお礼

お礼の手紙の書き方で難しいのは、お世話になった時ですね。
お世話になる時というと、いろいろなケースがあります。
就職先を紹介してもらった
縁談の世話をしてもらった
家族が入院中で、何かと家庭の事を手伝ってもらった
・・・などなど、お世話になる時というのは、本当にありがたく、その人の方に足を向けて寝られないほどの気持ちになりますね。
その内容にもよりますが、お世話になった時には、お礼の手紙も大切ですが、直接伺ってお礼を言うのが、筋でしょうね。
でも、状況によっては訪問する事が難しい場合があります。
そんなときは、必ずお礼の手紙を出しておきましょう。
心からの感謝の気持ちを込めたお礼の手紙の書き方を紹介しましょう。
お世話になった時のお礼の手紙の書き方は、お中元やお歳暮をもらった時のお礼の手紙の書き方と同じではありませんので、注意しましょう。
お世話になった時のお礼の手紙の書き方としては、
@まず、「その節はお世話になりまして、ありがとうございます」と感謝の気持ちを伝える
Aお世話になった時に、どんなにうれしかったか、困っていたがおかげで助かったことを書く
Bその後の状況を伝える

この3点に気をつけてお礼の手紙を書いておきましょう。

また、お礼の品を持ってきちんとお礼に行くことも大切です。
手紙だけですましてしまうと、相手は「せっかく世話をしてあげたのに・・・」と感じてしまいますね。
お礼の手紙では「後日改めてお礼にうかがいますが、少し状況も落ち着きましたので、まずはお礼かたがたご報告まで」と締めくくるといいでしょう。
posted by 手紙 書き方 at 21:35| 手紙の書き方・お礼の書き方